こんにちは、フリーランスエンジニア兼インストラクターのMr.Tです。

この記事ではIT企業の種類について書きたいと思います。もしIT企業に就職しようとしたらIT業界の会社の種類について知っておいたほうが良いです。就職する会社を選ぶときの判断材料にしてくださいね。

IT企業の種類

IT企業は大きく2種類に別れています。SIerとWeb系企業です。

SIerとは

SIerとはシステム開発の受託を請け負う企業のことです。

SIerの種類

SIerの中でも3つに別れていて「メーカー系(富士通、日立、NTTデータなど)」、「ユーザ系(銀行、証券、保険、商社など)」、「独立系(中小が多い)」があります。

SIerの特徴

SIerの特徴は以下のようなものが挙げられます。

  • 年功序列
  • クローズドな文化
  • 年齢層が高い
  • 大規模な開発に携われる
  • 多重請負構造
  • ウォーターフォール開発
  • 客先常駐
  • スーツ・黒髪

以下のような人はSIerが良いと思います。

  • 一つの会社に長く勤めたい
  • 大規模システムの開発に携わりたい
  • プロジェクトのマネージメントに興味がある
  • 流行のプログラミング技術を追うよりもレガシーな言語でまったり仕事したい

SIerのエンジニアの種類

SIerはウォーターフォール開発といって「要件定義→設計→実装(コーディング)→テスト」といった流れでシステムを開発しきます。基本的に発注元の要件を満たせばお金がもらえる仕組みなので、枯れた技術(あまり流行り廃りのない言語。Javaなど)を使っていて、最新の技術を追わないという特徴があります。SIerのエンジニアは工程ごとに担当する人が分かれていてこのような感じです。

SIerの場合だとほとんどの案件が客先常駐になってしまうので、リモートワークは難しいと思います。

Web系企業とは

Web系企業とはインターネット上でサービスを開発してユーザを増やして売上を上げていく企業のことです。Web企業と大きく違うのはSIerは発注元が存在しますがWeb企業は発注元が存在しないという点です。

Web系企業の種類

Web系企業は大きなカテゴリはありませんが、分野によってわかれていることがあります。EC(物販、楽天など)、HR(人事)、AD(広告、サイバーエージェントなど)

Web系企業の特徴は以下のような感じです。

  • 年齢層が若い
  • アジャイル開発
  • 自社開発
  • オープンな雰囲気

Web 企業の場合は自社開発が多いので 最新の技術を取り組んでいるところが多いです。また、リクルーティングを兼ねてエンジニアブログを公開しているところもあります。

Web系企業が向きそうな人は以下のような人ですね。

  • どんどんエンジニアとしてスキルアップしていきたい
  • 最新のテクノロジーに興味がある
  • 茶髪OKがいい
  • 自宅でリモートワークがしたい
  • エンジニアブログなどを書いて公開したい

 

Web系企業のエンジニアの種類

Web系企業の場合は、エンジニアの得意としている技術で分類することが多いです。

  • インフラエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • スマホアプリエンジニア

これらのスキルをすべてを幅広くカバーているエンジニアをフルスタックエンジニアと呼んだりもします

 

まとめ

フリーランスエンジニアとして案件を選ぶ場合、また、就職するときのIT企業を選ぶの判断材料にしてもらえたら嬉しいです!